女性

いぼ治療なら申し込みがしやすい【手間をかけずに施術】

炭酸ガスレーザーの効果

顔を触る人

通院回数を減らせる

一般的な皮膚科医院でいぼを治療するには、液体窒素で凍らせる方法がよく用いられます。マイナス196度の低温でいぼを凍結させて取り除く方法で、保険が利くため安価なことがメリットです。しかしかなりの痛みを伴いますし、1回で完全に取りきれるとは限らず、治療期間が長引くこともしばしばあります。再発したり跡が残ったりする可能性があることも問題といえます。美容外科クリニックでは炭酸ガスレーザーを利用した施術が主流になっています。炭酸ガスレーザーは高出力のエネルギーを照射して皮膚の表面を削る装置で、角度や出力を調節すれば削る深さを自由に変えることができます。大きくて根の深いいぼでも1〜2回の施術で治療できるため、通院回数を減らせるというメリットがあります。基本的に表面麻酔をしてから施術を行うため、痛みに弱い方でも安心です。施術後は1週間ほどテープを貼って傷口を保護し、回復を早めてやる必要があります。適切なアフターケアを行えば、傷跡が残る心配はありません。ウイルス性のいぼは患部を取り除いても、ウイルスが皮膚に残っていれば再発する恐れがあります。液体窒素で表面だけを取り除いた場合、ウイルスが残っている可能性は高いといえます。炭酸ガスレーザーで治療する場合は、深さを自由に調節できる利点を活かし、やや深めに皮膚を削ることで、ウイルスを残さないようにすることができます。それでも残ってしまう場合に備えて、免疫力を高める内服薬や注射を併用する治療法があります。体の内側からウイルスへの抵抗力を高めれば、何度も再発を繰り返すいぼを根治させることが可能です。美容外科クリニックではいぼの種類や状態に応じて、最適な治療法を選ぶことができます。皮膚へのダメージを最小限に抑え、傷跡が残らないように配慮してもらえることも、美容外科ならではのメリットと言えるでしょう。顔や首筋など目立つ場所にいぼがある場合や、何年治療を続けても良くならない場合には、豊富な実績のある美容外科クリニックで診察を受けてみることをお勧めします。